ブログ

セッターさん紹介

9月ゲストセッター「笠原大輔」

9月のゲストセッター紹介です。

今回はフリールートセッターの笠原大輔さんに来て頂きました!

勤務していたクライミングジム「edge&sofa」を退職し、今年からルートセットを本業としているプロのルートセッターです。

東京オリンピック正式種目に決定したスポーツクライミングのルートセットを手掛ける可能性も充分にある方で、笠原さんご自身も、ルートセッターのして東京オリンピックに参加したいと強く語って頂きました。

そんな笠原さんは、セット中にもかかわらす、お客さんの登りを応援したり、子供たちにアドバイスをしてくれたりと、人柄も素晴らしい方でした。

今回の課題についてお聞きしたところ

ムーブ解析が困難なものがたくさんあるので、みんなでセッションして楽しんでください!

オススメは⑧番、一見手は悪そうですが、スメアを上手く使ってハラハラドキドキ登ってください!

とのことでした!

たしかに、セットの様子を見ているとムーブがわかってないとできなさそうな課題がたくさん!(ムーブがわかっていても難しいものもありますが)

同じ課題を取り組む人同士、登り方を考えながら登るのが楽しそうですね!

逆に、登れた方は「頼まれてもないのにムーブ教えマン」にならないよう気を付けてくださいね〜!

そんな笠原さんの課題、本日より全課題公開!

みなさん楽しんでくださいね!

7月ゲストセッター「中川翔一」

7月のゲストセッター紹介です。
今回はグラビティリサーチ神戸より「中川 翔一」さんに来て頂きました。
普段は兵庫県のグラビティリサーチ神戸でスタッフをしながら、全国のクライミングジムでセットも行っており、今回も九州や東京でのセットの合間に忙しい中来て頂きました!
寡黙な印象の見た目とは違い、とても気さくに話してくれる方で、セット中もずーっと話してくれます。
会話の中では、課題作りのこだわりなんかも語ってくれ、その話を聞いてからだと課題もより面白く感じます。

「課題は料理」

中川さんのポリシーでもあるこの言葉

どんなに美味しい料理でも、見た目が悪ければ食べる気にならない。
課題も同じで、元々面白い課題も、見栄えが良ければ更に面白く感じてもらえる。
一目壁を見たときに、「あ、あの課題触ってみたい」と思わせる課題を作ることをポリシーとしている中川さんらしい言葉でした。
そしてもう一つ、テープ課題で使っているホールドは極力使わないようにしているそうで、
そのジムの常連さんが自分達で作った課題に似てこないように、同じひょうたん島の中でも触ったことのないような課題を作れるように気を遣ってくれてのことです!

そんな中川さんの課題は、文字通りどれを見ても面白そう!
こんなホールドの使い方があるの!?

と、いう課題も。
6級から初段まで全26本!
どれも面白いのですが、あえて一番の自信作は、という質問に対し中川さんがオススメしてくれたのが
垂壁の4〜3級⑦番
終了点直前で、精神的にヤられる課題になっているとのことで、
実際に⑦を触っている人を見ると、終了点直前にゴールを取りに行かず自ら降りてくる人多数!
是非触ってみてください!
そんな中川さんの課題は6/27〜8/21までの限定課題!
期間中、是非トライしに来てください!

朝からわいわい(^o^)/♫

こんにちは~chick.gif

今日は三連休のなか日ということもあり、朝からファミリーや親子でご来店くださる方が多いです♪

無題

3月も後半となり、だいぶ暖かくなってきましたねsun.gif

お昼からもファミリーrushがとまらず!!

ジム内少し混み合ってます^_^;

ですが今日は夜22時まで営業しておりますので、混んでるからといってやめるのはもったいないですよ~sweat01.gif

夕方~夜もお待ちしておりますbleah.gif

 

今日の店番   ゆりな   ちあき   航太郎

明日の店番   ゆりな   たっちゃん

ゲストセッター紹介

今日は、3月1日から始まるゲストセッター課題の第一回目のセッターさんが朝から来てくれています!

今回のゲストセッターさんのご紹介をします!
田中周兵  178cm

  
普段は名古屋市西区のジム「BIGROCK名古屋」の店長をしている田中さん。

お店に出る日以外には、他ジムのセットにも精力的に活動されています。

クライミングの実績も、リードのワールドカップやジャパンツアーでも好成績を残し、瓢ヶ岳の開拓にも携わってきました。

今回ひょうたん島のセットでは、テクニカルな課題を中心に、「初心者」を抜け出した方が存分に楽しめる課題を作ってくださるそうなので、明日からの田中周兵さん課題を楽しみにお待ちください!

セッターさん紹介4

今日はいよいよセット最終日!

初段以上課題と、全体の試登で仕上がりです!
そんな最終日の今日は今回のチーフセッターでもある、「MAX」こと柴田晃一さんをご紹介します!

柴田晃一(28) 162cm

MAXさんも今回初めてひょうたん島のセットに入っていただくセッターさんです。
クライミング歴は18年と長く、逆算すると小学校4年生からクライミングをされているらしく、MAXというあだ名も、当時お父さんが経営されていたクライミングジムの名前から来ているそうです。

そんなMAXさんのクライミング実績は、
・JOC 優勝 3回
・全日本ユース選手権 優勝 4回
・ワールドユース選手権 最高10位
・2013 JAPAN CUP 19位
・神奈川ボルダリングカップ ルートセッター
・幕岩 Zaion Gate(4段) 初登
etc…

切りがありません。
そんなMAXさんの作る課題は、「The 気持ち悪い」
課題を作るときに一番に考えることは、体幹やバランスを全力で使わせるということらしく、それが独特な気持ち悪さに繋がっているそうです。

今回のセットでのオススメ課題はという質問に対し
「今回は4〜3級(黄色)以上の課題では全課題で自分の持ち味を出せました。オススメは黄色以上全てですね。
ひとつピックアップするとしたらB面の赤Tテープ。
ハリボテ乗り込みスタートで、身体をかなり上手く使わないとスタートできません。上部もかなりバランシーに作っているので是非触ってみてください。」
と、お答えいただきました。
さらに、前回のセットではスラブに初段以上がなかったということで、スラブ2段を一本作ってもらってます。
スラブに自信のあるクライマーの方はこちらも是非!

IMG_3138.JPG

セッターさん紹介3

いよいよセットも後半に入り、今日からは4〜3級以上を作っていきます。
ちなみに、リード壁は完成したのですが、前回に比べかなりホールドも増えたので長く楽しめそうです。
皆様、ハーネスを持ってご来店ください。

(もちろんレンタルもありますので、買いに行かなくてもオッケーですよ。)
さて、今日紹介させていただくセッターさんは、「おっくん」こと奥谷和也さんです!

奥谷和也(30) 179cm

前回のセットにも入っていただき、長テープの課題を作ってくれたセッターさんです。A面のオレンジテープ足限定課題や、E面にあった薄い緑ホールドで右上に上がっていく赤テープ課題なんかは皆さんの記憶に残っているのではないでしょうか。
クライミング歴は15年と、おっくんもまた長いクライミング歴の持ち主です。
そんなおっくんは今年、東京都足立区でご自身のジム「BOULDERS」をOPENされました。
こちらのジム、個人的にですが今一番行ってみたいジムでもあり、一昨日紹介させていただいたたっくんもイチオシのジムです。

まず、壁の高さ!そして、写真で見るだけでも課題が面白そう!

この要素がひょうたん島にも加わると考えるとワクワクします。
そして、おっくんはなんといってもホールドマニア!
「〜ってメーカーの、〜ってホールドが何度の壁にこういう向きでついてて、こうこうこういう動きで…」
「あ、何級ね。」
と、わかってしまうぐらいに。
課題を作る際は、「手だけ」では登れない課題を低グレードから作るということを意識されているそうで、今回のセットでも試登していると水色テープぐらいからでも「お、なるほど〜」と思える課題がたくさん!
ですので、ビギナーさんも楽しみにしていてくださいね!
今回の低グレードでのオススメ課題はC面傾斜側にある6級(オレンジ)だそうで、オレンジ長テープが貼ってあるのでオープンしたら皆さん是非触ってみてくださいね!

IMG_3123.JPG

セッターさん紹介2

今日も朝から4人のセッターさん達による作業が始まりました。
昨日まででピンク、水色テープの課題は完成。
今日からはオレンジ課題の作成にはいります。
昨日の打ち合わせでは、ここから先はセッターさんそれぞれの「個性」を全開で課題を作ってもらうようにオーダーしたので、前回のセットより一癖二癖ある課題ができそうです。
さて、本日紹介させていただくセッターさんは、「ダイジローさん」こと加藤大治朗さんです。
ダイジローさんは今回初めてひょうたん島のセットに入ってくれます。
今までのひょうたん島にはない要素の課題が入るのは更に楽しみですね!

加藤大治朗(33) 172cm

クライミング歴は15年というダイジローさん。
普段は石川県の「トライポッド」、富山県の「are」でスタッフをされています。
今年の和歌山国体には石川県代表としても出場されていました。
長いクライミング歴から、基本に忠実な課題を作るのが得意ということで、
今回のインタビューでの、どの様な課題を作っていきたいですか?という質問に対し
「他3名の強い個性の中で、それに紛れないぐらいの基本に忠実なベーシックで尚、面白い課題を」と答えてくれました!
ダイジローさんの「個性溢れるベーシック課題」にもご期待ください!

IMG_3110.JPG

セッターさん紹介

今日から始まった全面セット替え。
臨時休業中のブログは、セッターさんの紹介をしていこうと思います。
まず初日は、
「たっくん」こと沼尻拓磨さんをご紹介します。

沼尻拓磨(22) 167cm

前回までのセットでは、みんなが苦しめられたルーフのオレンジ正方形、垂壁の黄色地ジャン課題等を作ってくれました!
クライミング歴は12〜13年というたっくん、クライミングを始めたきっかけは、近所のジムのクライミング体験だったそうです。
今は、東京のクライミングジム「ライノ&バード」で勤務し、茨城県代表として国体にも出場、ジャパンカップ等の大会でも好成績を残しています。
ランジが大得意のたっくん、その登っている姿は見ている人を惹きつけます。動画をFacebookにアップ予定ですので要チェックですよ!
今回のセットではランジ課題も作ってくれるそうですので、皆様お楽しみに!

IMG_3104.JPG

Copyright © 2017 ボルダリング&クライミングパーク ひょうたん島 All Rights Reserved.